2009年11月22日

日本にも氷河??

国内初の氷河か…立山・雄山東側斜面に氷の塊

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091121-00000074-yom-sci

立山の雄山(強行3003メートル)の東側斜面に

国内で初となる氷河に認定されるかもしれない氷の塊がみつかったようです。

四季彩“とやま”2010カレンダー”とやま”から見る 絶景立山連峰B1サイズ 剱岳 限定版

国内最大級の「御前沢カール」と呼ばれている雪渓に広がる

長さが700メートル、最大幅200メートル、厚さ30メートルの

大きさのものが実際に動いている事を確認するために

立山カルデラ砂防博物館では10月から全地球測位システム(GPS)を使った

測定を開始したそうです。

氷河だとすると動いていなければいけないらしく、

来年10月頃には氷河であると言えるのかどうか結果が分かるそうです。

今年の9月に北海道大で開かれた日本雪氷学会で、

以上の事柄がその博物館の福井孝太郎学芸員によって発表されたそうです。

氷河の認定要件である「連続的な動き」が今回発見された氷の塊が

しているのかが一番のポイントになりそうですが、

氷の塊が動く時にできる「ムートン」と呼ばれる穴が数多く見つかっているそうです。

ただそのムートンが現在進行形で作られ続けてきたものなのか、

過去の動きのなごりとして残っているのものなのかは不明だそうです。

約1年という期間、氷の塊の位置が動いているかどうか調べた上で、

現在も動き続けている事が証明されると極東アジアの中で

南限の氷河という事になるそうです。

ノーローン キャンペーン

プロミス キャンペーン

ポケットバンク キャンペーン

posted by 憶良 at 22:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。