2010年01月20日

大リーガーならよかった?

大阪市中央区役所に努める男性が

税証明の発行窓口でガムを噛みながら市民に対応したそうです。

対応をうけた市民がこのことに気づきその場で上司を呼び出して抗議したとか。

しかも対応当時に顔が赤くろれつが回っていなかったことから、

飲酒の疑いも指摘したそうですが、

調べではアルコールのにおいもしていなかったそうですし、

職務中にさすがに飲酒はありえないだろうと、

その可能性はないということになったようです。

この男性は一度定年退職をしたのちに再任用された職員で、

ガムを噛んでいた理由を“一年前から禁煙していて、

たばこを吸いたくなったのでガムをかんだ”と話しているそうです。

1年も前から禁煙しているのにいまだに吸いたくなるというのも、

どうかと思いました。

相当なヘビースモーカーだったのか、

それともたまに吸っていたのかどちらかだったのでしょう。

1年も経つのに禁断症状がいまだに現れるって、あり得る?

肉体的にはかんぺきにニコチン、抜けてるはずだけどね。

合宿免許 自動車教習所 モータースクール

無添加自然派ミネラル化粧品

比較一覧プチポータル

資格・転職・パソコン教室情報

インプラント年間実績多い歯科

posted by 憶良 at 22:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。